オクラと茄子の焼き浸し ~オクラの下処理を合わせてご紹介~

オクラと茄子の焼き浸しの作り方をご紹介します。

特に今回は、オクラの下処理も合わせてご紹介します。焼き浸しにすることで茹でる手間も省け、とても簡単になります。夏にぴったりの簡単レシピになりますので、ぜひ試してみて下さい。

オクラと茄子の焼き浸し

1 材料(3人分 作りやすい分量)

・なす 3本
・オクラ 6本
・水 200ml
・めんつゆ(3倍濃縮) 80ml
・ごま油 大さじ2

2 作り方

★下処理
① 茄子は縦半分に切り、皮に切れ込みを入れる。

② オクラは、まな板に一度置き塩を振り(分量外)塩ずりする。その後水洗いをし、先端を切りヘタを剥く(詳しくは下記参照)。

★焼き→浸し
③ フライパンにごま油を敷き、皮が下になるよう茄子を入れ、中火で焼き目を付ける。(その間に、水・めんつゆを鍋に入れて火にかける。)

④ その後、茄子をひっくり返し、オクラを加えて焼き目を付ける。

⑤ 仕上げに、茄子とオクラをめんつゆ・水を入れた鍋に加え、3分程ひと煮立ちして完成

※調理後、一度冷やすと味がさらに染みます。

3 レシピのポイント(オクラの下処理)

今回は、オクラの下処理についてご紹介します。

ポイントを押さえることで大変簡単にできますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

まず、まな板にオクラを置き、塩を振ります。塩の量は特に細かい分量等はありませんが、オクラ1パック(8~10本)に対し、小さじ1程度で大丈夫です。

そして、まな板にこすり付けるように、オクラを塩ずりします。

オクラは毛綿が食感を損ね、また口に刺さる(?)可能性があるため、しっかりと塩ずりしましょう。

その後水洗いをして固い先端を取り除き、

ガクの部分を取り除きます。

こうすることでオクラの毛綿が取れ、また先端部分は、煮浸しにしても中まで煮汁が染みず、良い食感を保つことができます。

あとは焼き、そしてめんつゆ入りの水で煮浸すことで、簡単に完成します!

オクラと茄子の焼き浸し まとめ

今回は、オクラと茄子の焼き浸しの作り方・また下処理も合わせてご紹介しました。

下処理もポイントを押さえることで簡単にでき、また調理自体もめんつゆを使えば大変簡単に出来るレシピです。おかず・おつまみ・ちょい足しなど、幅広い用途のある料理になっていますので、ぜひ試してみて下さい。

 

★料理名・材料などで検索♪★
・料理 → 唐揚げ、ポテトサラダ、チーズケーキなど
・食材 → 鶏胸肉、なす、キャベツなど
・その他→ スーパーのセール品や冷蔵庫の残り食材など(笑)

料理名・材料などで検索♪


関連記事